2020/08/03 09:42

商品名:DUCHESSE DE BOURGOGNE

和名:ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ

スタイル:フランダース・レッド・エール

商品名の意味:ブルゴーニュ公国の侯爵夫人

醸造所:ヴェルハーゲ醸造所

原産国:ベルギー

アルコール度数:6.2%

内容量:330ml

麦芽使用率:70%(ネット情報)

原材料:麦芽・ホップ・小麦・糖類

使用酵母:野生酵母(ブレタノマイセス属:Brettanomyces)(ネット情報)

糖度:9.4%

酸度:5.28%

糖酸比:1.4

IBU(苦味指標):11(ネット情報)

値段(税込):619
購入先:amazon
正規輸入代理店:小西酒造 株式会社


ドゥシャス ブルゴーニュは、フランス語で「ブルゴーニュ公国の侯爵夫人」という意味です。

ブルゴーニュ公シャルルの一人娘、マリー・ド・ブルゴーニュにちなんだ名前で、ラベルにはその肖像が描かれています。

マリー・ド・ブルゴーニュは、ブルゴーニュ公国最後の君主で、後の神聖ローマ皇帝であるハプスブルク家のマクシミリアン1世の妻。

絶世の美女としても知られ、人々からは「美しき姫君」「我らのお姫さま」と慕われていたそうです。この時代の女性にしては珍しく運動好きで、狩りや乗馬・スケートを好んだそうです。2人の子(次男は若死に)に恵まれましたが、第4子を懐妊中の14823月に落馬事故で流産し、大怪我も負ったことが原因で3週間後に死去。25歳だったそうです。わずか5年という短い統治期間にも関わらず、ビール醸造を含む数多くの商業活動を支援したそうです。


このビールは1次発酵と2次醗酵の後、オーク樽で18カ月間熟成したビールと、8カ月間熟成した若いビールとをブレンドしてつくられます。ベルギー・フランダース地方西部に古くから伝わるレッド・ビールの傑作ともいわれています。


【私見】

とても個性的なビール。ランビックのような方向性で、とにかく酸っぱい。喉に焼けつくような酸味で、もはや黒酢やバルサミコ酢を想起させる。日本のビールに飼いならされた私達には戦栗の未体験ビールと言っても過言ではないかもしれない。あまり良い表現ではないかもしれないが、ポリバルーン(割れないシャボン玉)のような風味もある。糖度も高いが酸味が全てを覆いつくすようなパワーを持っている。それゆえのものなのか、苦みはあまり感じないので、ビールが苦手でもお酢やビネガーが好きな人にはマッチするかもしれない。

色はとても濃いダークブラウンのようなだが、光に透かすと赤い色に輝く。

個人的には、ステーキ・生ハム・レバーパテ・中華料理に合うような気がしました。

ある一つの境地にたどり着いたビールのような気がします。






------------------------------------
ビール好きの人のための情報・グッズサイト
BEERTIFUL(ビアティフル)

------------------------------------

#DUCHESSEDEBOURGOGNE #ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ #ヴェルハーゲ醸造所 #ベルギー #ブレタノマイセス属 #マリー・ド・ブルゴーニュ #ハプスブルク家 #レッド・ビール #ランビック #バルサミコ酢 #ビール #上面発酵 #ビアスタイル #エール #酸っぱいビール #ビール好き #ビール女子 #ビール好きな人と繋がりたい #毎日がビール日和 #ビール男子 #ビール党 #ビール部 #ビール好きとつながりたい #ビール好き女子 #ビール好きで良かった #ビール好き集まれ #ビール大好き #ビールで明日を幸せに #ビールがうまい #クラフトビール #ビール飲み比べ #ビール日記 #ビール忘備録 #ビールスタグラム #BEER #ビールを飲もう #ベルギービール #ビールを求めて #世界のビール #beerlover