2020/08/04 14:13

商品名:GOUDEN CAROLUS classic

和名:グーデン・カロルス・クラシック

スタイル:ベルギーストロングエール

商品名の意味:神聖ローマ皇帝カール5世の名前

醸造所:ヘット・アンケル醸造所

原産国:ベルギー

アルコール度数:8.5%

内容量:330ml

麦芽使用率:不明

原材料:麦芽・ホップ・糖類

使用酵母:不明

糖度:9.20%

酸度:4.90%

糖酸比:1.88

IBU(苦味指標):16(ネット情報)

値段(税込):569
購入先:ビックカメラ
正規輸入代理店:小西酒造 株式会社


「GOUDEN(グーデン)」は英語でいう「 GOLDEN(ゴールデン)」で、「CAROLUS(カロルス)」は英語では「Charles(チャールズ)」、フランス語では「Charles(シャルル)」。ヘット・アンケル醸造所のあるメッヘレンで育った、ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝カール5世(1500-1558)にちなんだ銘柄です。祖母はマリー・ド・ブルゴーニュで、黒酢のように酸っぱいビール「ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ」のラベルに肖像が描かれています。

ヘット・アンケル醸造所の歴史は古く1369年にはメッヘレン市の税金の登録に既に記載されていますが、実際にはそれ以前から操業していたと考えるのが普通です。そのため、現在も操業している醸造所としてはヘット・アンケルがベルギーで最も古いものと言えるかもしれません。1471年の病院の記録にも残されています。病院に寄付したために税金を免除するとした記録で、当時は水を介して伝染病が広がったこともあり、ビールは安全な飲み物として病院とは密接な関係にあったようです。現在ではパブやレストランが併設された博物館やホテルも利用できるようです。


【私見】

一瞬ギネスのような香りが漂う。泡立ちはきめ細かくクリーミー。光に照らすと赤味がかったブラウン。

黒糖のような甘さの中にレーズンのような甘酸っぱさを感じる。少しカラメルのような味も感じる。

この表現が良いものなのかは不明だが、まるで液体の「黒糖レーズンパン」のような感じ。

甘みを強く感じるため、ノドごし良くゴクゴク飲むという感じではなく、ゆっくり嗜むといった感じ。

甘みが喉の奥に残るため、キレはない。コクがあり結構重く、まるでウイスキーのような奥深さ。

アルコール臭はしないもののアルコールの力強さを感じる味わいがする。

日本人の私たちがイメージするビールとは全く違うものなのでビールの奥深さを感じずにはいられない。

飲んでいるとレモンやオレンジなどの柑橘系の果物を何故か食べたくなりました。






------------------------------------
ビール好きの人のための情報・グッズサイト
BEERTIFUL(ビアティフル)

------------------------------------


#GOUDENCAROLUS #グーデン・カロルス #神聖ローマ皇帝カール5世 #ヘット・アンケル醸造所 #ベルギー #ハプスブルク家 #ベルギーストロングエール #ビール #上面発酵 #ビアスタイル #エール #ビール好き #ビール女子 #ビール好きな人と繋がりたい #毎日がビール日和 #ビール党 #ビール部 #ビール好きとつながりたい #ビール好き女子 #ビール好きで良かった #ビール好き集まれ #クラフトビール #ビール飲み比べ #ビール日記 #ビール忘備録 #ビールスタグラム #BEER #ベルギービール #世界のビール #beerlover