重要なお知らせエリアを非表示

2020/12/17 15:38


こんにちはマイコです。年の瀬が迫ってきましたが、皆さんは大掃除始めていますか?

年末のあわただしさに寒さも相まって、なかなか手が付けられない人がほとんどでしょう。

かくいう私もそのうちの一人…。


同時に、この時期ビールを飲む機会も増えるものですよね。今年はもっぱら宅飲みの人が多く、外で飲むのに比べると安く済む缶ビールや瓶ビールはつい飲み残してしまう人もいるでしょう。また今年はビールの酒税改定があったので、事前に第3のビールなどを買い過ぎてしまい、賞味期限が切れた人もいるかもしれません。


そんな、つい余らせてしまったビールは、今年の大掃除に使ってしまいましょう。

ビールでキレイになる汚れ


ビールには油分を浮かび上がらせるアルコールはもちろん、脂質と結びつく作用があるビタミンEが抱負に含まれています。そのためビールは、油を分解させる作用が高く、油汚れの掃除に最適です。キッチンの換気扇や五徳などコンロ周りはもちろん、知らない間に皮脂が付着するフローリングや家具などにもおすすめです。


また、ビールの炭酸成分は水垢を落とすのにも効果的だと言われ、トイレや浴槽、シンクなどの水回りに向いています。ビールの炭酸成分が要なので、賞味期限切れのビールを使ったり飲み残してすぐ掃除に使ったりするのがよいかもしれません。


ビールを使った掃除方法

余ったビールで掃除する方法を紹介します。好みや使い心地によって自分なりのやり方を見つけるのもおすすめです。

水回り(トイレ・浴槽・キッチンなど)

水垢汚れにビールを直接かけてブラシでこすり落としましょう。皮脂や油・食品の汚れが気になる場合はキッチンペーパーや雑巾にビールを含ませて拭き掃除をします。


コンロ

コンロ周りの掃除でビールを使うときは、ビールを含ませたキッチンペーパーや雑巾でふき取るだけ。しかし、しつこい汚れにはビールパックがおすすめです。ビールをたっぷり含ませたコットンやキッチンペーパーを汚れの上に数分放置し汚れを浮かせます。その後、水ぶきします。


五徳や換気扇などはビールを混ぜたお湯に30分程度つけ置きしましょう。普通のお湯でのつけ置き洗いより、するっと汚れが落ちるそうです。

家具やフローリング

家具やフローリングもビールを含ませた雑巾などで拭き掃除をしましょう。木材を傷めることなく、ワックスをかけたようにピカピカになるそうです。


また、ガラスや鏡の部分をビールで磨くこともできます。スプレーボトルに詰め替えて吹き付けた後、ふき取るだけで面白いほど汚れが落ちるそうです。ぜひ試してみたいですね。


ビールを掃除に使う際の注意点


ビールを使った掃除には注意点もあります。順に見ていきましょう。


掃除後しっかり拭き掃除を!


掃除の後は、仕上げに水拭きをしたりしっかり洗い流したりするのがポイントです。ビールは栄養分が豊富なため、そのままにしておくとカビの原因になる場合があります。引火性のあるアルコール成分も含まれているので、コンロ周りなどは特に慎重に拭き取るのがおすすめです。


家具やフローリングは慎重に


子どもが触れる家具やフローリングも掃除後に水拭きしておくと安心ですよね。家具やフローリングの拭き掃除におすすめのビールですが、木材の保護剤などによっては、ビールと合わない場合があります。まずは、目立たない場所でビールで変色しないか試してみましょう。


ビールの香りに注意!


お酒を飲まないけどパートナーや家族が飲み残したビールで掃除したい人もいるでしょう。ビールの香りは芳醇で残り香もあります。アルコール臭も気になりますよね。


ビールを使った掃除は換気扇を回したり窓を開けたり換気しながら行い、しっかり水拭きの行いましょう。

ビールを掃除に使うメリットは?


ビールを掃除に利用した際、水拭きや洗い流すのが面倒に感じる人もいるでしょう。しかし、ビールを掃除に使うには「賞味期限切れや飲み残しの再利用」以外のメリットもあります。


口に入っても安心


食品を扱うキッチンや小さな子どもがいる家庭のフローリングや家具の掃除には、薬品が残らないよう気を遣うものです。しかし、アルコール成分はあるものの、ビールは口に入っても問題のないものばかりでできています。


一般的なビールのアルコール成分は5%前後、さらにアルコール自体気化しやすいため、念のため水拭きさえすれば、悪影響はないそうです。

お肌にやさしい

市販の掃除用の洗剤やアルコールは汚れがよく落ちるよう作られていますが、刺激が強いのも事実。掃除の後に手が荒れたりするのもそのせいです。


しかし、ビールにはこうした薬品の成分が入っていないので、手やお肌が荒れるリスクはかなり抑えられるでしょう。



賞味期限切れや飲み残しのビールを大掃除に活用すると、お家がきれいになるのもいいことですが、普段どのくらいのビールを余らせてしまっているのか、振り返りにもなりそうですね。フードロスや節約につなげて来年のビールライフに生かしましょう!


------------------------------------

ビール好きの人のための情報・グッズサイト

BEERTIFUL(ビアティフル)


https://www.beertiful.net/

------------------------------------